渋谷の審美歯科で歯を白くする

  • いろいろな原因の歯の着色を渋谷の審美歯科できれいに

    • 審美歯科では、歯や口腔内の機能・健康を回復することに加えて審美性も大切にした治療をしています。
      代表的な治療が、歯の色を白くする処置です。
      歯の着色には、いろいろな原因があります。

      第一に、食べ物や飲み物が原因で着いたステインと呼ばれる着色の汚れです。



      ステインは、毎日の歯磨きではなかなか落とすことができず、歯医者さんの専門的にケアが必要です。


      渋谷の審美歯科では、歯の表面に着いた着色を落とすクリーニングを行っています。このクリーニングはPMTCと呼ばれ、超音波やブラシを使って歯の表面を丁寧に研磨します。
      PMTCでは、虫歯や歯周病の原因菌がたくさん潜んでいるプラークや歯石も除去できるので見た目の美しさとともに健康維持にも効果的です。



      PMTCでは落とせない着色もあります。
      歯そのものの変色や着色は表面のクリーニングでは落とすことができないので、渋谷の審美歯科ではホワイトニングの施術で白くしています。


      ホワイトニングは歯の内部に薬剤を浸透することで歯を白くする処置で、目的や急いで歯を白くする必要があるかどうかによりいくつかの方法があります。

      また渋谷の審美歯科では、治療の痕を白くする相談にも対応しています。


      日本では健康保険が充実しているので、歯科治療は少ない負担で受けることができます。

      wikipediaのことならこちらのサイトをご覧ください。

      しかし、保険治療にはさまざまな制約があり周りの歯との調和を考えない治療になってしまうケースもあります。


      渋谷の審美歯科では、古い治療で使われた金属の補綴物や被せ物を天然歯に近い見た目の素材に交換する治療もしています。